FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Blue Mountainsブッシュウォーキング!

シドニーに来て三日目くらいから節約の為に自炊してるんだけど、前に紹介したマーケットで買ったマッシュルームが半端ない勢いで俺腐ってるぜアピールしてきやがる。ぬるぬるしてイヤなにおいがするけど、多分明日はまだイケるはず!こんなことで腹壊してたらこの先インドとか行った時に命がいくつあっても足りないぜ!

ってことで行ってきましたThe Blue Mountains。The Blue Mountainsってのはシドニーから電車で2時間ほどのところにある世界遺産の名前。大都会からたった2時間で世界遺産に行けちゃう!シドニーってとこは色々盛りだくさんのにくいヤツなんですね。(ところで街や駅の名前がカタカナだったりアルファベットだったり統一されてないですが、誰でも聞きゃ分かるだろって場所はカタカナ、そうでなくて発音がいまいち曖昧なところはアルファベットで表記してます。)

The Blue Mountainsを楽しむにはツアーに申し込むのがベストらしい。自力で行く場合、Centralからは49.9ドルで行き帰りの電車と現地の観光バス乗り放題のBlue Mountains Explorer Linkってチケットが買えるんだけど、ツアーでもうまく探せば90ドルくらいでThe Blue Mountainsとそこから70キロほど離れたところにあるJenolan Cavesという鍾乳洞がセットで行けちゃったりするみたい。
で、俺がどうしたかというと、もちろん自力で行きましたwだって金ないもんw49.9ドルが90ドルになるんじゃおめぇ、2倍近くなっt(ry

The Blue MountainsにはBlue Mountains Lineって路線で行くんだけど、これの始発駅が多分Central。午前4時ぐらいから一時間おきくらいに電車が出ていて、帰りも23時くらいまでCentral行きがある。いやー、ホントいい場所に宿とったね。年末年始の高騰が終わって今は一泊18ドルだし。
俺は午前9時頃の電車に乗ることにして、少し前に駅に到着。駅の人に乗り場を聞いて、チケットを買って電車に乗り込む。

乗り場
DSCN0447.jpg

平日の朝だけど座席は全部埋まってた。やはり人気の観光地なのだろう、いろんな言語が聞こえてくる。ガヤガヤと人々がしゃべる中、時間通りに電車は走り出した。

電車からの風景 電車からも凄くいい景色が見られるんだけど、写真取り損ねちゃった
DSCN0334.jpg

11時少し過ぎにKatoombaという駅に到着。この駅の前に観光バスがやってきて、ここを含めて23ほどある停車ポイントをぐるぐる周るようになっている。

Katoomba駅
DSCN0336.jpg
DSCN0340.jpg

Blue Mountains Explorer Linkを買うと電車のチケットとバスチケットが一枚ずつ渡されるんだけど、このバスチケットはそのままでは使えない。写真の赤い看板のある建物は観光案内所なんだけど、ここでバスチケットをみせると観光案内のパンフレットと引き換えてもらえる。実はこのパンフレットが本当のバスチケットって訳。早速パンフレットをもらってバスへ乗り込む。

赤い二階建てバス
DSCN0345.jpg

運転手がThe Blue Mountainsのことを説明しながらバスを走らせる。ここには見所がたくさんあるんだけど、中でもEcho PointってところとScenic Railwayってところがすごいらしい。近いのがEcho Pointだったのでそこで降りようと思ったら降り損なったwのでそのままScenic Railwayまで乗って行く。バスで行く分にはすぐなので、ほどなく到着して今度こそバスを降りる。

Scenic Railway
DSCN0368.jpg

中に入ってみるとゴンドラみたいなやつの乗り場があり、向こう岸のEcho Pointのほうに行けるようだ。展望台みたいな場所があったのでそちらにいってみる。と、

いきなり景色スゲー!!
DSCN0353.jpg
DSCN0354.jpg

あまりの絶景に感動したのか人々が裸で踊り狂っているじゃないか!

裸で踊り狂う人々
DSCN0370.jpg

さっきの写真の三つボコボコ飛び出た岩はThree Sistersと呼ばれていて、アボリジニの神話ではもとは人間の3姉妹だったという。姉妹は他の部族の男と恋に落ちてどーたらって話なんだけど興味ある人はググってくださーいwww

で、この写真。凄く分かり辛いけど、真ん中のちょい上にちまっとゴンドラが写ってるんですね 
DSCN0346.jpg

Scenic Railwayってのはこいつのことなんだけど、俺はこれ、乗りませんwだって金かかるんだもんこの大自然を感じるのに機械なんか使っちゃダメだろ!体で感じていこうよ体で!

もっと熱くなれよ!!!
a0037910_135898.jpg

ってことでEcho Pointまで歩きます。歩くと言ってももちろんさっきバスで来た道を戻る訳ではない。なんとScenic Railwayの横から崖の下に降りることができ、山道を歩いてEcho Pointまで行くことが出来るのだ!よっしゃ行くぜ!

看板をたよりに崖の下に向かっていく…これヤベーっす^^;結構急なんすけど…。

階段 写真だと分かりづらいけどかなり危ない角度
DSCN0371.jpg

登ってくる人いるけどめっちゃ息切らしてんじゃん!山なんだから当たり前だけど覚悟してなかったわw
でも登ってくる人のこと考えたら下りのほうが楽かな?なんて考え直し、どんどん降りていく。

もはや獣道
DSCN0378.jpg

たまに見晴らしのいいところがある。ここでは滝が見える。Katoomba Fallというらしい
DSCN0380.jpg

滝の所に人が
DSCN0383.jpg

変な生き物も発見。

蟻か?
DSCN0384.jpg

原人までみつけた。棒と鞄を持っているのである程度の知性はあるようだ
DSCN0396.jpg

30分も歩いただろうか。なにやら看板が出てきた。

看板
DSCN0395.jpg

Echo Pointまで2,3時間ですか^^;いいでしょう、行きましょう。ここからしばらくは道がフラットになっており、景色がいい場所もほとんどない。
ひたすら歩いて1時間、結構早く歩いたか、また看板が見えてきたぞ。

看板
DSCN0406.jpg

なになに、The Giant Stairwayですか。それはいったいなんですかな…ん?

900段あるだと!?

看板の小さな写真の下に確かに書いてある、900stepsと。ここで俺はバスを降りる時に大きな過ちを犯していたことに気がついた。Echo Pointから降りて歩く場合、疲れたら登りはScenic Railwayを使うことが出来る。しかしScenic Railwayから降りた場合、The Giant Stairwayには乗り物がないのだ。しかもScenic Railwayを登るより遥かに急勾配。道理ですれ違う人はいるけど追いついたり抜かされたりしなかったわけだ。しかし行くも地獄、戻るも地獄。仕方がないので登り始める。

登り口
DSCN0408.jpg

ホントなめたらいかんよ、The Blue Mountains。マジで心臓破れるかと思ったもん。そりゃもう急角度ですよ。つーか転げ落ちたら余裕で死ねる。結構事故起きてるんじゃないのか?

上を行く人々。俺と同じ道を行く数少ない同士であった
DSCN0417.jpg

景色はいいのよね
DSCN0416.jpg

で、30分くらい登っただろうか、休憩ポイントがあり、そこから人の集まる場所が見えた。

断崖絶壁の上
DSCN0421.jpg

拡大
DSCN0423.jpg

あれがEcho Pointか!やっとたどり着けそうだ!そこからさらに15分ほど歩くと…。

着いた!Echo Point!
DSCN0431.jpg

いやー、疲れたね。山だから寒いだろうと思って厚着してきたらシドニーより暑いんだもん。途中頭痛までしてきちゃってさ。

Echo PointはThree Sistersを望む展望台になっている。

Three Sisters
DSCN0432.jpg

周りも絶景
DSCN0437.jpg

水を飲んで復活した俺はさっき見た滝に行ってみようと思ったんだけど、インフォメーションセンターのおばちゃんに聞いたらバスでScenic Railwayに戻れって言うのよね。バスだと15分だけどまた戻んのかよ。しかもそこからまた1時間歩くんだと。もうやめました。この時点で午後4時前になってて、もし滝に向かうとバスがなくなっちゃいそうだったしね。

Echo Pointのバス停からバスに乗ったんだけど、この時の運転手は話がとてもうまくて、俺にも聞き取りやすい話し方でジョークを飛ばしていた。行きの運転手はThe Blue Mountainsのことを淡々と話すだけだったけど、帰りの運転手は女の子を口説いた話なんかを交えながら車内の笑いを誘っていたんだ。運転手によってバスに乗っている間の面白さが全然違う。で、バスはLeuraという街のショッピングモールで降りることにした。運転手によるとLeuraのモールにはおしゃれな雑貨屋などが立ち並んでいて、男性は2分で歩くが女性だと20分かかるそうだ。

Leuraの街は本当に雰囲気のいいところだった。カフェや雑貨屋、洋服屋などが立ち並び、男性も女性も2分や20分と言わずもっと楽しめるところだ。

Leuraモール
DSCN0438.jpg

洋服屋
DSCN0441.jpg

雑貨屋
DSCN0439.jpg

駅前のロータリー
DSCN0446.jpg

フランス等の洗練された雰囲気と違い、少し田舎っぽさのある暖かい感じだった。服好きの俺は立ち寄った店で危うく衝動買いするところだったよ。

LeuraはCentralよりのKatoombaの隣駅で、Blue Mountains Lineが走っているからここから乗って帰ることが出来る。時間も夕方だったので俺はそのまま電車に乗り、Centralへと帰った。筋肉痛は確実だな。でもすごく楽しかった。運動にもなったしね。今度行く時は車でもレンタルしてJenolan Cavesにも行ってみたいね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

あおい : 2012/01/04 (水) 23:23:20

うひょー☆
出だしは好調そうだね!
やばーい!またオーストラリアいきたくなるわー

村上 馨 : 2012/01/05 (木) 00:04:22

あおいちゃん
まあ結果としてはねwこれで荷物なくなってたら今頃日本にいるよ^^;

REI : 2012/01/05 (木) 01:04:48

今のうちに腐ったものたらふく食っといたらインドで腹壊さずに済むよ!
日本住まいのインド人も身体が慣れるまでに一ヶ月かかるって言ってたし!!!

村上 馨 : 2012/01/05 (木) 08:15:22

REI
やっぱそういうもんなのねwインド入ってから一ヶ月じゃ、いる間中腹壊すことになっちまう

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

村上 馨

Author:村上 馨
わずかな予算で行けるところまで行くぞ!貧乏世界旅行!!

アクセスカウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。