FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しいタイ人

前回出て来たクラビタウンまで乗せてくれたトゥクトゥク夫婦について。

俺たちがクラビに着いてバスをおり、中心地に行く為にタクシーを探していた時だ。あまりにタクシーが来ないから嫌になりそうになっていたとき、女性を一人乗せたトゥクトゥクがとまってくれた。俺が近づいて「クラビタウンに行きたいんだ。」と言うと、運転手の男性と乗っていた女性はなにやらジェスチャーをした。どうやらこの二人は夫婦のようなのだが、二人とも喋ることが出来ないらしいのだ。俺がアルファベットのKRABI TOWNという文字を見せると、連れて行ってあげるから乗れという感じのジェスチャーをする。いくらなのか聞こうとジェスチャーすると、いらないと言う。ここで俺は少し不安になる。こいつら喋れないとか嘘ついて俺らを拉致ろうって魂胆じゃねーだろうな?疑いつつも、疲れていたこともあるし最悪襲われても界王拳を使えばなんとかなると判断し、トゥクトゥクに乗り込んだ。

トゥクトゥクは三輪バイクに客を乗せる荷台をつけた乗り物で、走っていると風が直に当たって気持ちがいい。大きな通りをまっすぐに走っていく。横には川が流れていた。

これはバンコクのトゥクトゥク。クラビのものは少し形が違うんだけど写真が無いw
DSCN2400.jpg

しばらく走ってもそれらしい所に着かないので、俺はまた不安になって来ていた。トゥクトゥクに乗った所の傍にクラビタウンまで2Kmという看板が出ていた。しかしどう考えてもすでに2Km以上はとっくに走ってる。マジで大丈夫かよと思っていると、少しだけ賑やかなところにさしかかり、そこでトゥクトゥクは曲がった。曲がった先にはホテルやコンビニなどがあり、クラビタウンの中心地のようだった。ああ、疑ってすみませんでした!!俺はなんて嫌な奴なんでしょうか…。運転手と女性が「ここでいい?」とジェスチャーをするので、大丈夫だと合図して降りる。少しでもお金を受け取ってもらおうと思ったがいらないとジェスチャーをするので、精一杯感謝を伝えるべく手を合わせて礼を言った。乗せてもらった距離を考えると、歩いていたらとんでもないことになっていただろう。本当にありがたかったし、疑った自分が本当にろくでもない奴に思えて悲しかった。

タイ人って基本的に明るくていい奴が多いと思う。間違ったバスに乗って変な方向に行っちゃった時は、乗客が集まってどうしたらちゃんとした目的地に行けるかを皆で調べて助けてくれた。クラビでもバス停の傍で道聞いたおばちゃんは親切にホテルに電話かけて料金とか聞いてくれたし、クラビタウンに向けて歩いているときに話しかけて来たおばちゃんも明るく俺たちを励ましてくれた。ボッタクっくてくる奴も沢山いるけど、話してみると大半は陽気で面白い奴だったりするしね。俺たちは常に先入観を捨てる努力をするべきなんだと思う。それはどんな物事についても言えるだろう。その上で踏み込んでも取り返しのつくギリギリのところまで踏み込んでみて、善し悪しを判断すればいいんじゃないかな。

この夫婦とはクラビに滞在している間に2回あった。いつも二人でいて仲の良さそうな夫婦だった。彼らが幸せでいることを俺は願っている。

DSC01666.jpg
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

チョコ : 2012/03/05 (月) 01:06:49

会話はできなかったけど、なんか優しさが滲み出てたょね(*^^*)お礼も何も出来なくてすっごくもどかしいけど、2人のことを思い出すと、いつかどこかで困ってる人がいたら、あんな風に助けてあげられる人間になりたいなって感じさせられるょね~(^_^)

村上 馨 : 2012/03/05 (月) 02:12:14

チョコ
そうだね。みんな誰かに支えられてるんだから、同じように自分も誰かを支えてあげなくちゃいけないね!

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

村上 馨

Author:村上 馨
わずかな予算で行けるところまで行くぞ!貧乏世界旅行!!

アクセスカウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。