FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラビ到着!!

もー、腹壊れっぱなし。一ヶ月半くらい。ま、太りづらくっていいやね。長距離のバス移動とかたまにピンチになるけど、もらしたって別に構わん。

マレー鉄道で国境を越え、ハジャイに着いた俺たち。

ハジャイの駅構内
DSCN1686.jpg

ハジャイは商業の街らしいんだけどそんなことはどうでもよい。わしらはクラビへ行くのである。ということでバスを探すことにした。
電車を降りた瞬間から客引きのあんちゃんが「どこへいくんだ?俺が安い旅行会社に案内してやる。」とか声をかけてくる。旅行会社に誘導してバスチケットなどを買わせようというわけだ。大概こういう客待ちしてる奴らはボッタクリなので相手をしてはならないんだけど、次に行くべき場所が分からないので話だけ聞き出す為についていくことにした。

ハジャイの駅前
DSCN1687.jpg

DSCN1688.jpg

旅行会社は駅の目の前にあった。カウンターでクラビまでのバスの値段を聞くと1人500バーツだという。事前情報だと200バーツ以下でいける公営バスがあるということだったので、500バーツでは高すぎる。高いからやめるわと告げて立ち上がると、お決まりの「まけるからいくらがいいか言え。」というセリフ。そこで公営バスの話をすると、「その値段では無理だからバスターミナルへ行け。」と言う。なるほど、どこかにバスターミナルがあってそこから安いのが出てるわけね。そういう話が聞きたかったのよあたし。

旅行会社を出て、バスターミナルの場所を探す為に駅にあった街の地図を見に行く。地図によると駅から南東のほうにバスターミナルがあるらしく、見た感じでは歩けない距離ではなさそうだ。地図を見ている間ずっとタイ名物の三輪タクシー"トゥクトゥク"の運転手が「バスターミナルいくなら150バーツ(この時で約370円)で連れて行ってやる。」とか声をかけてくるんだけど、それを華麗にスルーして歩き出す。基本タクシーもトゥクトゥクも客待ちしてる奴はボッタクリだからスルー。使うとしたら流しのやつじゃなきゃダメなのよ。俺たち気合い入ってるし歩いちゃうもんね^^

…で、結論言うとハジャイ駅からバスターミナルまでは歩いちゃダメ^^;重い荷物背負って2時間近く歩くハメになった。順調に行けば1時間かからないでいけると思うけど、俺らは運悪くスコールみたいなのに降られて無駄な時間をとられてしまった。トゥクトゥクでもちゃんとしたやつなら40バーツも出せばいけるだろうから、絶対乗り物使ったほうがいいよ。
へろへろになりながらもバスターミナルに付き、クラビ行きのバスを探す。

バスターミナル
DSCN1690.jpg

DSCN1693.jpg

いろんな方面にバスが出ているらしく、窓口がたくさんある。とりあえず近くの窓口で聞いてみると、スタッフがどこかに電話し始めた。少しすると男が現れて、クラビ行きはこっちだと俺たちを誘導する。ふらふらとそれに着いていくと、ターミナルを出てすぐの所にある旅行会社に入っていくじゃないのwwwこれですよ。タイではよくあるんだけど、ちゃんとしたスタッフに聞いても「俺の友達が送っていってやる。」とか言い出したり、全然公営じゃない会社に案内されたりするんだよね。そうして案内した奴はマージンもらうってわけ。前にバンコクからアユタヤいく時もそういうお誘いありましたよ。一応カウンターで値段を聞くと350バーツだと言うので速攻却下で再度バスターミナルへ。つーかバスターミナルまで来て今更引っかかる奴なんかいんのかよ。
改めてターミナル内を歩いてみると、インフォメーションと書いてある窓口を発見。聞かなきゃ始まらないので「クラビ行きたいっす。」とスタッフに告げると、そこのすぐ裏側にある窓口に案内された。値段を聞くと1人165バーツ。おお、ついに発見!聞きしに勝る安さでござる!多分1日に何本か出ているんだろうけど詳細は分からない。俺たちは13時半発の便に乗り込んだ。

バスは途中で客を乗せたり降ろしたりしながら走った。食事休憩も一度だけあった。チケット買ったときは3時間くらいで着くと言われていたんだけど、結局着いたのは2時間遅れの18時半だった。で、ここで問題発生。バスを降ろされたものの、ここがどこかわからない。ろくに下調べをしてないのでクラビという街がどんな作りかも知らないし、バスが街のどこに着くかも知らないで来たんだ。そんなときは人に聞こう、ということでまたしてもバスを降りるなり群がって来たボッタクリタクシーのあんちゃんの言葉に耳を傾ける。彼らは「クラビタウンに行きたいなら150バーツで連れて行ってやる!」とおっしゃっている。な〜るほどぉ、クラビタウンというのが中心部なんですね。そうと分かればお前らに用はない。流しのタクシーをつかまえようということで、とりあえず適当な方向へ歩き出す。

バス停から30メートルくらいのところにおばちゃんがいたのでクラビタウンまでの道を聞いた。すると凄く親身に、ここから4キロくらいあるとかトゥクトゥクで20バーツくらいだとか教えてくれた。道ばたの看板に確かに「クラビタウン4Km」と表示されている。聞いた方向に向かいながら流しのトゥクトゥクをつかまえることにして再び歩き出した。

おそらく2Kmも歩いただろうか。タクシーもトゥクトゥクも全然来ない!ハジャイで歩き疲れていてこれ以上少しだって歩きたくない俺たち。途中さっきと別のおばちゃんが「ここはバスもないから頑張って歩いてね!」なんて励ましてくれたけどもう無理っすよ〜^^;とか言ってたらトゥクトゥクが走って来た!慌てて合図してとまってもらう。このトゥクトゥク、実はただの自家用車に乗った夫婦で、俺たちはタダでクラビタウンまで乗せてもらったんだけど、この話は別に書こう。たいした話じゃないんだけど嬉しかったからね^^

夫婦トゥクトゥクに乗せてもらい走った距離は多分2キロとか3キロとかそんな短い距離じゃなかったと思う。歩いてたら死んでた。マジ感謝トゥクトゥク。I ♡ Thailand. 降ろしてもらった場所は大きなホテルと夜市の間だった。

City Hotel
DSCN1698.jpg

夜市
DSCN1699.jpg

場所も良さそうだし疲れていたのもあって、目の前のデカいホテルに泊まることにした。1泊900バーツだったから場所柄を考えるとかなり高めだけど、連日休み無く移動したりしてたしちょっとゆっくりしたかったんだ。

部屋
DSCN1696.jpg

ということでなんとかクアラルンプールからクラビまで、約25時間かけて移動完了!!タイは個人的に大好きな国なのでワクワクがとまりませんな^^
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

村上 馨

Author:村上 馨
わずかな予算で行けるところまで行くぞ!貧乏世界旅行!!

アクセスカウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。