FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアンズでバカンス2

今まで地名をアルファベットつかったりカタカナつかったり変えてきたけど、これからは極力カタカナ表記にします。何か知りたいことがあって検索した他の旅人が、このブログを見つけて役に立ててくれたらうれしいからね。

さて、今回はグレートバリアリーフクルージングについて!Fitzroy島もグレートバリアリーフなんだけど、もっと本土から離れたところまで行ってダイビングやシュノーケリングをして、さらに綺麗な珊瑚や熱帯魚を見ることが出来るツアーがたくさんある。島ではゆっくりリゾート気分を味わったから、今度はバリアリーフの一番綺麗なところを見に行きたい!ということでツアーに申し込んだんだ。
ケアンズでは街を歩けばいろんなところにツアーの代理店がある。おそらくツアーの主催会社とツアー自体の種類はある程度限られていて、どこの代理店で申し込んでも同じツアーに参加する感じになるんだと思う。もちろん代理店ごとに扱っているツアーの種類や料金は多少違っていて、俺たちはNAVI Tourというところで申し込んだ。おそらく日本の会社なんだろう、窓口のスタッフは全員日本人で、何より割引があって俺が見た中では一番安かった。申し込んだのはバリアリーフの北の端の方まで行って、3つのポイントでダイビングとシュノーケリングをするというもの。ミコマスケイという日本でも有名なコーラルケイに行くツアーとか他にもいくつかあったけど、島には一応行ったから珊瑚と熱帯魚が一番綺麗なところに行けるというものを選んだ。なにしろ遠くまで行くので一人250ドルくらいして結構高かったよ^^;

当日はバスが宿に迎えにきてそのままポートダグラスってところまでいって、そこから船でアウターリーフ(バリアリーフの中でも本土から遠いところ)へ出る。ポートダグラスまでが1時間、船で最初のポイントに着くまでがまた1時間くらいかな。

ポートダグラスの船着き場
DSCN1251.jpg


DSC00230.jpg

最初のポイントに着くまでにダイビングのやり方についての説明がある。日本人スタッフがいることもあるらしいけど、俺が行った時はいなかったので英語での説明だった。でも日本語字幕のビデオを見せてくれるし、初めてダイビングする俺でもなんとか理解できたからそんなに難しくはないと思う。
説明を受け、船の後ろのところでクラゲよけのスティンガースーツを着て(オーストラリアでは殺人クラゲが出るので舐めてると海水浴で死ぬ。はいここテストに出ます!)ボンベを背負って足ひれを履いて、と準備をするうちに最初のポイントに着いた。
何も無い大海の上、これ潜るの怖ぇなとか思ってたらスタッフが「さあ飛び込め!」とか言ってきやがる。え、いきなりっすかw僕大学3年になるまで泳ぐことも出来なかったんですけどwww結構ビビってる人いるんだけど、半ば突き落とされるようにして海に入っていく。しかしビビリと思われたくないええかっこしい村上は躊躇う素振りを見せないように一気に飛び込んだ。ダイビングやったことある人は分かってくれる人もいると思うけど、最初は結構怖いもんだね^^;一度入っちゃえばまぁ大丈夫だったけど。
残念ながら防水装備がなくて肝心の写真が一枚も無いんだけど、最初のポイントはそれほど珊瑚や魚は多くなかった。2つ目のポイントの時は船酔いで動けなかったからわからんwみんな酔い止めは用意した方が良いよ!

3つめのポイントに移動する間には食事が出た。ビュッフェ形式で、魚介類の入ったパスタやシチュー、ハムのサラダなど結構豪華。酔っててあまり食べられなかったのが残念だよ。写真も撮り忘れたし。

このクルージングで一番凄かったのは3つめのポイントだ。海の上から見ても水の綺麗さや珊瑚の量が全然違う!

緑の部分には浅いところに珊瑚がある
DSCN1235.jpg

DSCN1227.jpg

水中には色とりどりの珊瑚が広がっていて、その間をこれまた色とりどりの魚たちが泳いでいた。時間が経つのも忘れるほど見とれてしまったよ。写真が撮れなかったのが本当に残念だ。あの美しさは写真では伝えきれないだろうけど。

帰る時間になる頃に怪しい雲が空にかかり始めた。

見事な空2分割っぷり!恐ろしいっす^^;
DSCN1241.jpg

写真をよく見ると必死こいて海中から船に戻ってくる人々が映ってるw急だったからみんな慌ててたなぁ。
DSCN1248.jpg

2月は雨期でもあるからなかなか天気は安定しないらしい。すぐに雨が降り出したんだけど、運良く外にいる時間とは被らなかった。また船で1時間ほどで港に戻り、バスで宿まで帰った。

写真が無くて内容終わってるけどクルージングについてはこんな所かな。みんなグレートバリアリーフに一度は行ってみるべきだと思うよ!水中で撮影できる準備をしてね!
今回は短いけど次が長くなりそうなので一度切ろう。というかもう少し短く小出しに書くようにしよう^^;次でオーストラリア編は終わり!
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

村上 馨

Author:村上 馨
わずかな予算で行けるところまで行くぞ!貧乏世界旅行!!

アクセスカウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。