FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに

子供の頃から僕は「人と同じ」ってことが嫌いだった。
集団行動をとらなかったり、納得いかなければ決められたルールを破ったり。
きっと周りの人からすればすごく扱いづらい奴だったと思う。
でもそれはグレるっていうのとは違ってた。

なぜ「人と同じ」ってことが嫌だったんだろう。
小さい頃から漠然と感じていた感覚、それは大きくなるにつれてだんだんとはっきりしてきた。
「自分という存在がとても曖昧で、確実なものではない」という感覚。
僕が僕である必要はなくて、僕の代わりはいくらでもいる、そんな気がしていた。
だから僕は自分がそこにいることを周りに示したくて、人と違う行動をとっていたんだ。

だけどそんな風に振る舞わなくても生きてるって実感が湧くときもあった。
それは自分が本当に楽しいって思えてる時。
友達と遊んでる時、旅行に行ってる時、スポーツをやってる時、音楽を聴いてる時。
こんなことを書くとばかばかしい感じだけど、本当にそうだった。

大学卒業前に初めて海外に行った。台湾に行ったのだけど、文化が違う、食事が違う、人が違うという
当たり前のことがすごく面白かった。
その後イタリア、タイ、フランス、中国にも行ったのだけれど、どこにいっても本当に面白くて、
世の中には自分の知らないことがたくさんあるんだと思い知らされた。
たった一度の人生なら楽しい方がいいと思ったから、「自分の人生をちゃんと生きた!僕は僕だった!」って
思いたいから、僕は知らない世界にできるだけ触れてみようと思った。
そう、世界一周の旅に出ると決めたんだ。

この旅において自分の決めた唯一のルール、それは誠実であれということ。
自分自身に対して、自分の周りの人に対して、自分の関わるすべてのものに対して。
僕の中には認めたくないような汚い、情けない感情もある。関わる人たちの中には優しい人も僕を
傷つけようとする人もいるだろう。そういうものに対して、自分をさらけ出して接していく。
嬉しいときは喜ぶし、怒りたいときは怒る、泣きたいときは泣く。なんだったら帰りたくなったら
すぐにでも帰る。そうした中で感じたものを自分の中に積み上げていきたい。
きっと僕が本当に大切にするべきものが見えてくるだろう。
もしかしたらそれはもう僕の中にあるのかもしれないけれど。

なんだか始まりから鬱陶しい感じになってしまったが、今後は真面目になりすぎないようにしようと思う。
こんな内容じゃあ面倒くさくて自分でも読む気がしなくなっちゃうからね。しかも文章長いし。

最後に僕がこの旅に出るにあたってサポートしてくれたり、迷惑や心配をかけているすべての人に
お礼とお詫びを言いたい。
大丈夫、僕は出来る男だ!この恩は2倍にして返そう!、、、いや、まぁ1.5倍くらいは、、、
もらった分はくらいは返すさ!!
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

村上 馨

Author:村上 馨
わずかな予算で行けるところまで行くぞ!貧乏世界旅行!!

アクセスカウンター
全記事一覧

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。