村上馨の絶賛ニート旅


記事の内容

前へ | 次へ

アユタヤ適当観光!!
2012/03/23 23:26

お金が減ってますw想像以上のペースでwwwこれマジヨーロッパ越えられねぇwwwww


バンコクの北にアユタヤという場所がある。1351年にウートン王によって建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市だそうだがようわからんのでググってね?ここでは滅びた遺跡をみることができ、バンコクに来た旅行者はアユタヤにも少し脚をのばしてみるのが定番だ。俺も昔行ったことあるんだけど、もう一度行っとこうということで日帰りでさらっと観光して来た。

アユタヤへは電車かバスで行くのが一般的。俺たちは行きは電車、帰りはバスにした。フアランポーンという駅から20バーツくらいで3等級の電車のチケットが買える。激安ですな。ちなみにアユタヤ行き電車はすべて指定席になっているんだけど、3等級というのは席が割り振られていない。つまり立ち乗り。今まで3回行った経験上では席がすべて埋まることはないと思うので、空いてる席に座って、その席の人が乗って来たら別の席に移動するようにすれば座っていられるはずだ。そういえば初めていったときはそうとは知らず子供連れのお母さんの席を奪って困らせたんだったw

俺たちは早めに行って早めに帰ってこようということで、朝6時半の電車に乗った。1日に何本か出てると思うけど他の時間のことはわからん。

フアランポーン駅
画像

画像

電車内
画像

車内には弁当や飲み物を売る人がたまにやってくる。しかし俺たちはアユタヤについてから食べることにし、早起きして眠かったので殆ど寝て過ごした。

窓からの風景
画像

画像

2時間かからないくらいでアユタヤに到着。

アユタヤの駅構内
画像

電車を降りると早速トゥクトゥクのおっちゃんらがやってきて、「この人はいい人です。」とか日本人に書いてもらったらしい手紙を見せて、1日1500バーツでまわってやるとか行ってくる。しかし俺たちはトゥクトゥクは使わない。アユタヤ内の観光方法は基本的には3つ。トゥクトゥクかレンタル原付かレンタル自転車。アユタヤの見所はそれほど広い範囲に広がっているわけではなく、疲れるけど自転車でも殆どのところはまわれる。自転車は1台1日40バーツからで、原付は150バーツから。俺たちは二人なので、原付を一台借りて二人乗りすることにした。ちなみにトゥクトゥクの相場は分からないが、1時間100バーツくらいまでは値切れるとネットで見た。

で、遺跡群のあるところの周りを川がぐるっと囲っているので、とりあえずその川を渡ることにした。

駅前
画像

舟乗り場に続く道
画像

船乗り場。一人4バーツだったかな
画像

船。結構デンジャラスw
画像

渡った先で原付を貸してくれるところを探す。市場があったのでそこを抜けていくことにした。
※市場写真は微グロ注意

市場
画像

これなんに使うんだw?
画像

画像

画像

画像

画像

画像

市場を抜けた先で原付を貸してくれるところを発見。1日250バーツで少し高めだが、スタッフの女性が親切な感じだったのでここにした。ちなみに川を渡る前に150バーツで借りられるところがある。川を渡る車用の橋があるので、安いほうが良ければそっちで借りてもいいだろう。自転車を借りるときもそうだが、パスポートを預けなければならない。それと、国際免許持ってない人は乗っちゃダメ。

お店。奥でポーズとってる人がいるなw
画像

原付を借りて最初に行ったところはバーンパイン宮殿。アユタヤの中心部から南30Kmのところにあり、遠いので自転車で行くのは無理だ。

敷地内
画像

画像

画像

画像

ぶっちゃけショボいので行かなくてもいいかもw

その後は適当に遺跡巡り。ただ、今回は俺が三度目というのもあって、いくつかちょっとまわっただけで済ませてしまった。

遺跡色々。名前不明w
画像

画像

画像

像も乗れます
画像

ストUのサガットステージw
画像

最初のとまた別の市場
画像

画像

これ、尋常じゃない数のハエがとまってて、俺たちが近づいたらおばちゃんが慌てて払ってたw
画像

食事した店
画像

レッドカレーめちゃくちゃうまかった。今回のタイ滞在ナンバー1かも
画像

こっちもバカうま。このほうとうみたいな極太麺を炒めたシリーズはオススメだ
画像

はい、アユタヤ編終了wwwメインの遺跡の紹介が適当www今回行ってない遺跡が大量にあるので、昔行った写真だけでも載せとこうかw

画像

画像

画像


こんな感じ。アユタヤ巡りにトゥクトゥクを利用する人は多いだろうけど、できれば自転車か原付で自分でまわったほうが絶対面白いよ!自転車は結構体力居るけどねwちなみに帰りはバスという名のハイエース50バーツでバンコクまで帰った。市場を北東のほうに抜けたところに乗り場があって、バンコクのビクトリーモニュメントまで連れて行ってくれる。前に電車で帰ったら、行きと違ってアユタヤ発は始発じゃないもんで席が空いてなくて、エアコンのない電車に2時間立ちっぱなしという辛い思いをしたから、帰りは電車じゃないほうがいいよ!

カテゴリ:タイ

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ